利用者が小規模多機能型居宅介護の利用を開始する場合に、ケアマネが小規模多機能型居宅介護事業所に必要な情報提供をして、ケアプラン作成に協力した場合等に算定できます。

月に300単位です。

なお、利用者が当該小規模多機能型居宅介護の利用を開始した場合にのみ、算定が可能となります。

地域包括ケアが叫ばれる昨今、小規模多機能型居宅介護など地域密着型サービスの重要性はますます高まり、上手な活用が高齢者の在宅生活に鍵を握っていると言っても過言ではないでしょう。