「介護報酬の算定基礎」の記事一覧

加算と減算

介護報酬の算定基礎

加算とは 介護報酬は基礎報酬の上に、各種加算を積み上げる方式になっています。 例えば、初回加算、処遇改善加算、機能訓練加算などがあります。 この加算には2種類があり、基準に従った体制が整った際に算定できる体制加算と、サー・・・

地域区分と負担限度額

介護報酬の算定基礎

地域区分とは 地域区分は、地域ごとの人件費差を考慮して上乗せされる報酬単価です。 基本単価1点10円に、サービス種類ごとに人件費割合に地域割の上乗せを行います。 負担限度額とは 負担限度額とは、食費・居住費といった利用者・・・

給付調整と端数処理

介護報酬の算定基礎

医療保険と介護保険の調整 医療保険と介護保険では、介護保険を適用するほうが優先されます。 訪問看護やリハビリテーションサービスが例です。 端数処理について ・単位数 加算・減算の計算ごとに、小数点以下の端数は四捨五入しま・・・

報酬算定の前提として契約

介護報酬の算定基礎

介護保険制度の目的は、利用者とサービス事業者が対等な関係で契約をして、利用者がサービスを自由に選択できる状況を作ることでした。 福祉に市場原理、契約の概念を持ち込んだ、画期的な制度です。 それまでは、行政の措置でサービス・・・

ページの先頭へ