加算とは

介護報酬は基礎報酬の上に、各種加算を積み上げる方式になっています。

例えば、初回加算、処遇改善加算、機能訓練加算などがあります。

この加算には2種類があり、基準に従った体制が整った際に算定できる体制加算と、サービスの実施とともに算定できる実施加算があります。

体制加算はには前述の機能訓練加算、実施加算には入浴サービスを提供した時だけ算定できる入浴加算などがあります。

加算を算定するためには、事前に行政に届け出が必要です。

算定基準を満たさなくなった際にも、すみやかに届け出る必要があります。

 

届出の日付と算定開始月

・毎月15日以前に届出→翌月から算定

・毎月16日以降の届出→翌々月から算定

減算

減算は、一定の基準を満たさなくなった場合になされます。

例えば、夜勤時の人員配置を一定期間満たせなかった場合には減算となり、介護報酬を返還しなければいけません。

減算も、基準を満たさなくなった場合には、すみやかに行政に届出が必要です。

届出を遅滞して報酬を受け取っていると、返還請求はもちろん、指定の取り消し等の処分を受けます。