在宅生活を送っている利用者で、サービス提供を行うにあたって、常時看護師による観察を必要とする難病や末期がん患者が想定されています。

利用者の通所日には、看護師が居宅で利用者の状況を確認してから通所し、帰宅後も状態が安定しているかを確認するまでがサービスとなります。

看護師の居宅訪問~帰宅後の確認までが、サービス提供時間となります。

医療的ケアが主となりますので、主治医や訪問看護事業所などとの連携が重視されるサービスです。

私の感想では、あまり利用されていないサービスのような気がしています。