1人の利用者に、複数のヘルパーが交代でサービスを行っても、1回の訪問として合計所要時間に応じた所定単位で算定します。

一方、二人ののヘルパーによりサービスを提供した場合に、所定単位数の100分の200に相当する単位数を算定できる下記のようなケースがあります。

  1. 体重が重い利用者に入浴介助等の重介護を内容とするサービスを提供するケース
  2. エレベーターのない2階以上の建物から、歩行困難な利用者を外出させるケース

いずれにおいても、ケアプランに記載が必要です。