利用者に関する情報共有や留意事項、ヘルパーの指導などを目的とした会議開催が必要です。

サービス提供責任者が月に一回以上開催し、すべてのヘルパーが参加しなければいけません。

ただし、一度に全員が集まる必要はなく、グループに分けても構いません。

会議の開催状況については、きちんと記録に残しておく必要があります。