介護保険の報酬は、原則として1~2割(各人による)を本人に請求し、残りの8~9割を国民健康保険団体連合会に請求します。

国民健康保険団体連合会(国保連と言われています)は市町村から委託を受け、介護保険事業者からの報酬請求について審査・支払いを行います。

国保連に請求できる介護給付費は、介護保険指定事業者によって提供されるサービスと、基準該当事業者で市町村と受領委任契約を締結している事業者によるサービスが対象となります。

詳細は後述しますが、国保連への請求はサービス提供月の翌月の10日までしか受け付けられませんので、介護事業者は月末から月初にかけて請求業務に追われています。