介護報酬請求事務は、デイサービスやヘルパー事業所などの個別事業所と、居宅介護支援事業所や地域包括支援センターなどプランを持っている事業所とでは、事務作業量が異なります。

当事務所は、個々に事業者のニーズに応じて料金設定を行いますので、まずはご相談をお受けして、事業内容や現状の事務処理を確認させていただきます。

その上で、

  1. 単なる実績入力だけを希望
  2. 事業者間のやりとりも代行希望
  3. 訂正や修正、不足書類の催促まで希望

以上、どこまでのサービスをご希望されているかどうかによって、御見積りを取らせていただいております。

一般の事務代行業者であれば、単なる入力のみで対応しているところが多いでしょう。

しかし、本当に大変なのは、他事業所に利用表などの書類提出を求め、修正や訂正を指摘するやりとりでしょう。

そのあたりのニーズにも対応できるのが、当事務所の強みです。