訪問看護やリハビリなどでは、介護保険と医療保険のサービス内容が重複する部分があります。

この場合は、介護保険給付が優先されるのが原則です。

 

ただし、訪問看護において、急性憎悪等による医師の特別指示書に基づく指定訪問看護(14日を上限)については、医療保険給付となります。

 

また、訪問リハビリテーションにおける、急性憎悪等による医師の特別指示書に基づく指定訪問看護(14日を上限)についても、医療保険給付となります。

重度認知症患者デイ・ケアと精神科デイ・ケアについても、医療保険給付です。