認知症の日常生活自立度は、その方に関する介護の度合い、大変さをレベルごとに分類したものです。

主として医療や福祉関係者が利用者の情報をやりとりする場合や、介護保険認定の際に使用されます。

レベルには「自立・Ⅰ・Ⅱa・Ⅱb・Ⅲa・Ⅲb・Ⅳ・M」の8段階があります。

Ⅰに近い方が軽く、Ⅳに近いほど症状が重くなります。

Mレベルは、専門医を受診する必要があるレベルです。

 

介護保険上の加算の算定要件では、主治医意見書の判定結果を用いて判断します。